東埼玉新聞社
基本姿勢:「市民とともに地域を考える」
街づくり・地方政治・行政情報・選挙などを報道
創  刊:1990年1月20日
〒343-0807埼玉県越谷市赤山町4-9-1
電話&FAX:048-966-7784
jp


 2014年7月29日
越谷市、来年4月に中核市へ
県の同意を得、国に指定を申し出
 越谷市は7月29日、中核市の指定を新藤義孝総務大臣に申し出た。2カ月程度で手続きが終わる見通しで、来年4月1日の移行する予定。埼玉県の同意は6月県議会で議決を得、7月23日に上田清司知事から同意書が交付されている。  
7月23日、上田清司知事(右)から中核市移行への同意書を受け取る高橋努市長 7月29日、新藤義孝総務大臣(左)に中核市指定の申し出を行う高橋努市長
 越谷市の中核市移行は、高橋市長が市長就任した5年前から加速した。すでに中核市として主要事業である保健所の建設を進め、中核市移行に合わせてオープンの予定だ。第3庁舎の建設も移行日に向け急ピッチ。越谷市の保健所は県の保健所再編計画で廃止され、春日部保健所に統合された。同時、県議だった高橋市長は廃止に賛成した経緯がある。
 中核市になると、約2000項目の権限が県から委譲され、市民ニーズを反映したきめ細かな市民サービスができるとしている。また心配される財政負担の増加はないとしているが、実際は中核市になってみなければわからない。数年前の大合併のような悲劇にならなければ良いが…。

2014年7月29日
10月には越谷ナンバー、“イメージアップ” 図る越谷だが…
 10月から自動車の「越谷」ナンバーが導入される。越谷のイメージアップになることが期待されている。中核市も同じ戦略の中にあるのかもしれない。議会における議論が尽くされたとは言い難く、パブリックコメントも中核市に対する市民の消化不良を感じさせる。「中核市ありき」で突き進んできた高橋市政だが、財政規律の確立〜借金体質からの脱却への対応策は見えていない。

過去ニュース メニューページに戻る